交通事故の賠償金は人身事故の場合は厄介です

みなさんは、交通事故の賠償金についてご存知ですか? 遭ってはいけませんが交通事故を起こしてしまった場合、 物損事故ならば損害分をお金に換算することは簡単にできます。
しかし、人身事故となると一概に損害賠償金を決めることはできません。
支払われる賠償金の金額は、過去の事例や裁判例などを見て判断されるのです。
支払い金額の基準などについては、専門的な知識も必要となるため、 そのため保険会社から金額を提示されたとしても、 それが適正かどうかよくわからないのが現状です。
常に適正な金額を言ってくるとは限らないのです。
提示された金額が明らかに低くて納得できないという場合には、交渉するといいでしょう。
交渉する場合には、やはり専門家である弁護士に依頼するのが確実だと思います。
自分自身が被害者の場合は特に、精神的な苦痛や肉体的な苦痛がありますし、 交通事故の慰謝料には、「自賠責基準」、「任意保険基準」と「弁護士基準」の3つがあります。
この中で金額が一番低いのは自賠責基準で、 逆に一番高いのは弁護士基準となっていて、任意保険基準はこの中間です。
弁護士が交渉すれば弁護士基準に近くなるということです。
自動車事故について、日弁連の交通事故相談センターが無料で 弁護士による相談やあっせんを行っていますから相談してみるといいでしょう。