動物看護士の就職状況はどうなってる?

ペットブームの影響もあり、認知度が急速に高まっている動物看護士。
まず資格の問題。
一般の看護師とは異なり、国家資格が存在していません。
民間の認定団体が複数存在している状況ですが、これらの資格を取得していなければ動物看護士になれないというわけでもありません。
この問題は動物看護士ごとの質の違いも生み出しています。
それから業務内容。
とくにどこまで診療行為ができるのかという問題が近年になってクローズアップされています。
血液検査などを動物看護士が行うケースは多いですし、そのほか体温・脈拍の測定、さらには麻酔、処方された薬剤の調合などを行う場合もあります。
こういった問題は今後さらに大きく浮上していくことでしょう。
看護師転職サイトは比較して選ぶ